出産後も続く疲労感は、心も不安定になる可能性があります

出産後のからだ。疲れやすいのは当然です。

  • どんよりとしたダルさ
  • 慢性的な睡眠不足

出産後、体調が良いと感じている方は非常に稀なケースです。
けれども、それを放って良いはずがありません。何故なら、そのままにしておくと、心にも大きな影響を及ぼしかねないからです。

思い当たることはありませんか?
些細なことでお子さんやご主人に当たってしまうことを。

体が強ばっていると、リラックス状態になれません。深呼吸をして、息を吐く瞬間はふっと力が抜けますよね。けれども、力をこめて吸ってばかりいるのでは、いつまで経っても力を抜ける瞬間がありません。代謝や血行が悪いからだは、深呼吸の「吸う」ことばかりを行っている状態です。全身に力が入りすぎ、体が硬くなってしまっています。すると、リラックスできなくなり、「イライラする」「眠れない」「急に悲しくなる」と言った、心の問題も引き起こしやすいです。育児中の女性は誰もが24時間頑張りっぱなしの状態です。余裕などあるはずがありません。情緒不安定になるのも当然です。

だからこそ、心の方からではなく、まずは体の方から緩めてみませんか。

身体と心は繋がっています。体が疲れてしまうと、必然的に心も疲れ果ててしまいます。心のストレスがパンクしてしまう前に、まずは身体のストレスを解放することを是非意識してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ